第24回 機械要素技術展に出展します

event

《第24回 機械要素技術展に出展します》

 

ロゴ

〈上記バナーをクリックすると測定計測展サイトへジャンプします〉


会期:2020年2月26日[水]▶2月28[金] 10:00~18:00
[最終日 28日のみ17:00終了]
会場:幕張メッセ
弊社ブース:6ホール 小間番号:34-22

m-tech2020案内状-1
〈上記画像をクリックすると案内状(PDF)が開きます〉

 

★ブースの見どころ

新開発!潤滑機能付ナットを使用したボールねじを参考出品。
メンテナンス回数の削減による人と環境への負担軽減を、
OSユニットシリーズが可能にします。

 

★展示品

 

長期メンテナンスフリーを実現

『OSユニット付ボールねじ』

走行距離の目安として2万km耐久が可能なため、例えメンテナンスが難しい所に組込まれるボールねじでも
長期にわたり潤滑性能を維持することが可能です。また、潤滑剤の使用量を最小化することができ、地球環境にも貢献いたします。
OS_bs
〈上記画像をクリックすると、OSユニットカタログ(PDF)が開きます〉

 

ボールねじ要因の振れを、送り精度に影響させません

『フローティングユニット付ボールねじ』

他にはない、一測オリジナル製品です。
フローティングユニットが、取付面の倒れ、アライメント誤差、
ねじ軸の振れ回り等の送り精度誤差要因をキャンセルします。また、
精密送り機構部のピッチング・ヨーイング・ローリング誤差を大幅に解消できます。
ft_bs

〈上記画像をクリックすると、フローティングユニット付ボールねじカタログ(PDF)が開きます〉

 

内部循環式ナットの採用による低騒音な転造ボールねじ

『転造ボールねじ』

従来のチューブ式ナットと比べ、耳ざわりな音が約25%低減しました。
精度等級はCt7・Ct10級の2種類をラインナップ。
作図不要、専用シートの必要項目をチェックするだけの簡単設計と発注。
単発品でもOK、1本から製作対応できます。
rolled_bs
〈上記画像をクリックすると、転造ボールねじカタログ(PDF)が開きます〉

 

面倒なタップ穴検査をラクラク自動検査

『タップ穴自動検査装置  Bee-1』

ひと穴約2秒で検査(M1.4、深さ3mm)。
タップ穴の位置座標パターンを50個までメモリー。
位置座標パターンを10パターンまで登録可能。
測定テーブルはお客様の仕様にカスタマイズが可能。

bee-1(web用サイズ)
〈上記画像をクリックすると、Bee-1紹介ページへジャンプします〉

 

自動化省力化を強力サポート

『内径自動測定機』

ワークの搬送→内径測定・結果判定→結果毎の層別搬送までを全自動で検査。
測定には弊社エアーマイクロを、測定ヘッドの位置決め、ワークの搬送には弊社
ボールねじを使用。
内径自動測定機

〈上記画像をクリックすると、内径自動測定機紹介ページへジャンプします〉

 

 

製品サポート

SUPPORT