メカトロテックジャパン2021に出展します

event

《メカトロテックジャパン2021に出展します》

〈 上記画像を測定計測展サイトへジャンプします〉

 

弊社出展テーマ
『工場の検査校正ラインを全てISSOKUにしませんか』

ブースを一つの工場に見立て「製造現場エリア」と「検査測定室エリア」に分け、《製造現場》、《検査測定室》に適した測定機器を展示。ロボットを使用した自動検査システムをはじめ、測定者のスキルを問うことなく、誰でも簡単操作で高精度測定が可能な測定機器を展示

会期:2021年10月20(水)~23日(土)10:00~17:00 [22日(金)は18:00まで、23日(土)は16:00まで]
会場:ポートッセなごや
弊社出展ブース:第2展示館 小間2C21

 

《上記画像をクリックすると弊社案内状を表示します(PDF 1MB)

 

ワークショップを行います
テーマ【ゲージ検査にプラス1。特殊ねじゲージ事例集】

日時:2021年10月23日(土) 14:10~14:50
場所:交流センター3階 第3会議室
講師:名古屋営業所 長谷川 博史
[内容] ねじの有効長、直角度、同軸度など有効径の検査に機能を追加したプラス1のゲージを紹介します。ねじゲージの老舗メーカーが、ありそうで無かった多様な特殊ねじゲージを提案いたします。

 

《出展品》

【ロボット 内径/ねじ検査システム】


《上記画像をクリックすると動画(YouTube)へリンクします》
このユニットで内径測定、内径検査、タップ穴検査を自動で処理。内径測定にエアーマイクロメータを、内径検査に栓ゲージを、タップ穴検査にタップ穴自動検査 装置Bee-1を使用。

 

【スイス・トリモス社製 ラブコンセプト ナノ】

『CNC制御で人的誤差を排除。ワンクリックで複雑な測定が可能』


《上記画像をクリックすると詳細ページ(弊社HP)が表示されます》
繰返し精度 2σ≦0.03µm、最大分解能 0.001µm、温度補正システム内蔵。「リングゲージ」はもちろん、測定が難しい「ねじリングゲージ」もワンクリックで、尚且つ圧倒的な早さで測定可能

 

 

【光学式非接触 小径内径測定器 IDM-30EX/100EX】

『国内外の校正機関で使用されている信頼の測定器』


《上記画像をクリックすると詳細ページ(弊社HP)が表示されます》
繰返し精度 σ≦0.1µm、最大分解能0.01µm。φ0.1~φ100mmの内径の測定が可能。高精度測定器でありながら、測定スキル不要。誰でも簡単に素早く測定できます。リングゲージ、挟みゲージの校正に最適。非接触操作のため軟らかい材質の測定も可能
(都合によりIDM-100EXの出展を見合わせ、IDM-30EXの出展となります)

 

【マルチゲージングシステム
デジタル表示解析ユニット Smp-multi】

『一度使ったら手放せない。空気マイクロメータの概念が変わります』


《上記画像をクリックすると詳細ページ(弊社HP)が表示されます》
プローブ または、空気マイクロメータヘッドの測定子を合計99本接続可能。また、最大32チャンネルを1画面に同時表示し、各測定子の動きに反応し画面の切り替えが可能

 

【タップ穴自動検査装置 Bee-1】

『50個のタップ穴を約100秒で自動検査』


《上記画像をクリックすると詳細ページ(弊社HP)が表示されます》
ひと穴約2秒で検査(M1.4 深さmm)。タップ穴の位置座標を50個までメモリー。位置座標メモリーを10パターンまで登録可能。作業工数削減に貢献

 

【ビット付きねじゲージ】

『コスパは文句なし!タップ穴検査の効率アップへ!』


《上記画像をクリックするとリーフレット(PDF 3MB)が表示されます》
ねじプラグゲージのシャンク部にビット加工を施したねじゲージ。ワンタッチで電動ドライバーに取付けができ、ねじゲージの検査時間削減になり工数の大幅削減が可能に

 

【ボールねじ(潤滑機能内蔵タイプ】

『ボールねじのメンテナンスフリーを実現』


ISSOKU独自の小径ボールねじのメンテフリー化に成功。潤滑機能をナット内部に収めることで、ストロークが犠牲になりません、ナット寸法の変更も不要なスマートなボールねじを参考出品致します。

製品サポート

SUPPORT