特徴

テ-パゲ-ジはテ-パ製品のテ-パとテ-パの基本径(大端径または小端径)の検査に用いられます。
一般にテ-パプラグゲ-ジとテ-パリングゲ-ジからなり、はめ合った一組の標準ゲ-ジ形式です。
切欠きを設け製品の基準とすべき端面が止まる位置を限界式に分かるようにしたものも製作可能です。

使用方法

テーパゲージの使用方法

テーパゲージでテーパ製品を検査する場合、一般にテーパ穴の検査は、テーパプラグゲージの大端側の基準線あるいは端面を基準にし、テーパ軸の検査は、テーパリングの小端側端面を基準にし、製品の穴または端面とのずれの量によって合否を判定します。またこれとは別に、テーパは当たりにより検査を行います。当たり検査を行うには、プラグの表面にブルーペーストを薄く一様に塗り、テーパ穴に入れ、僅かにプラグを回転し抜き取ります。当たっている部分は、ブルーまたは光明丹がゲージからこすり取られるので、これによって当たりの判定を行います。なお、当たり検査を充分行うには、次の諸注意が必要です。

(1)ゲージならびに製品をよく清掃し、特に切粉などの付着のないようにする。

(2)ブルーまたは光明丹をゲージに一様に塗る。一様さは塗ったときの色で判定されますが、固まったときの色とはかなり異なった薄い色になるまで丹念に塗り広げることが重要です。

(3)ゲージを製品に入れる途中で互いにぶつからないように充分注意してください。

(4)通常、プラグを直立させて保持または固定し、リングを一様な力で下へ軽く押付けながら約1/8回転させ、もとに戻します。

(5)静かにゲージと製品を離します。この時も両者がぶつからないように注意してください。なお、ゲージ同士の検査にも当たりが用いられます。

カタログダウンロード

テ-パゲ-ジ カタログ

テ-パゲ-ジの形状 カタログ

ご注文の流れ

◎ホームページ掲載製品

弊社ホームページよりリーフレットをダウンロード頂き、ご検討中の商品名を確認のうえ、商社様に見積をご依頼ください。

ご注文の流れ ホームページ掲載商品

◎特別仕様品

特別仕様品も製作いたします。仕様の確認、お打ち合わせにつきましては、お近くの工具販売店様または、弊社営業所までお問い合わせください。

ご相談/見積依頼はこちら

製品やサービスに関するご質問やご要望は、
弊社の営業窓口までお気軽にお問い合わせください。

ご相談/お見積もり依頼はこちら

製品サポート

SUPPORT