特徴

・平行ねじ用限界ゲ-ジは製品ねじの限界を通り、止りで管理する事で、精度を保証するゲ-ジです。
・限界式は大きく分けて、現行JISのISO等級ゲージ方式と、旧JISの1,2,3等級ゲージ方式があります。

相違点は以下の通りです。

  1. ISO等級ゲージ方式では、通、止共検査用工作用の区別が無くなりました。
  2. 止まりゲージの合否判定が、ISO等級ゲージ方式では2回転をこえてねじこまれない事、1,2,3等級ゲージ方式は2回転以上ねじこまれない事になっています。
  3. ISO等級ゲージ方式では、ねじリングゲージのはめあい点検ゲージが通止の限界式となりました。

使用方法

・「ご使用方法」と「ねじゲージと製品ねじの公差相互」はカタログよりダウンロ-ドください。

 

 

 

 

 

 

カタログダウンロード

平行ねじ用限界ゲ-ジ カタログ

ISO等級ゲ-ジ方式 カタログ

1,2,3等級ゲ-ジ方式 カタログ

ねじ用限界ゲ-ジ方式と製品ねじの公差相互の関係位置

よくあるご質問(Q&A)

ねじゲージについてよくあるお問い合わせ

〈サポートについて〉

QandA

購入したゲージの成績表を発行できますか?
発行できます。製品に刻印されている製造番号を弊社営業所へお伝えください。
製造番号例:「年-月 ISSOKU 240048」、「年-月 ISSOKU S78658-01」

よくあるご質問(Q&A)

〈ねじゲージについて〉

QandA

メートル1・2・3等級用ゲージでISO等級のねじを検査してもよいですか?
正しい判定をするために、ねじ製品の等級に合ったものをご使用ください。詳しくは最寄りの営業所へお問合せください。
ねじプラグゲージ用磨耗点検ねじリングゲージ(GPW)の判定基準を教えてください。
GPWはJISに規定がありません。従って弊社の規定によって設計製作されている、1・2・3等級用のGPWは「通り抜けない」、ISO等級用GPWは「1回転を超えてねじ込まれない」を適合判定としています。
購入したねじリングゲージが社内保有のはめあい点検ゲージに入りませんでした。どうしたらよいですか?
はめあい点検ゲージに製作公差があるため、このような現象が発生することがあります。
トラブルを防止するには、貴社保有のはめあい点検ゲージの貸し出しをお願い致します。
また新規ご購入時には、ねじリングゲージとはめあい点検ゲージを同時にご購入いただくようお願い致します。

ご注文の流れ

◎ホームページ掲載製品

弊社ホームページよりリーフレットをダウンロード頂き、ご検討中の商品名を確認のうえ、商社様に見積をご依頼ください。

ご注文の流れ ホームページ掲載商品

◎特別仕様品

特別仕様品も製作いたします。仕様の確認、お打ち合わせにつきましては、お近くの工具販売店様または、弊社営業所までお問い合わせください。

ご相談/見積依頼はこちら

製品やサービスに関するご質問やご要望は、
弊社の営業窓口までお気軽にお問い合わせください。

ご相談/お見積もり依頼はこちら

製品サポート

SUPPORT